[Windows11] Surface Laptop 第一世代 にWindows11はインストールできるのか試してみた

スポンサーリンク
windows11

今回はSurface Laptop 第一世代にwin11をインストールする記事です。私と同じsurfaceユーザーの方にお勧めの記事です。

スポンサーリンク

Surface Laptop 第一世代 は Windows11 に対応していない…が…?

公式が発表した対応状況一覧をまとめました。

対象一覧
  • ラベル
    Surface Pro

    6,7,7+,8

  • ラベル
    Surface Pro X

    X(2019/11),X(2020/10)

  • ラベル
    Surface Laptop

    2,3,4,Go,Studio(1は対象外です)

  • ラベル
    Surface Book

    2,3

  • ラベル
    Surface Studio

    2

  • ラベル
    Surface Go

    2,3

ここに Surface Laptop 1 の文字がないので、アップグレードができない….と思われた方もいると思いますが、問題なくインストールすることができます。

対象外の理由とは

こちらが比較した表です。

要件Surface Laptop 1
CPU1GHz以上で2コア以上の64bit SoC
(Intel 8th, AMD 2000series)
Intel i5-7200U
Mem4GB8GB
Strage64GB256GB
FirmwareUEFI/セキュアブート
TPMTPM2.0TPM2.0
GPU9インチ以上で8bitカラーの720p以上

比較表の通り、CPUの世代が一つ古いため対象外となっています。ですが、他の条件はクリアしているので比較的導入は簡単だと思います。

アップグレードする方法

アップグレード対象内のPCは「設定」から自動アップグレードすることができますが、laptop1は(公式HPでは)対象外なのでこの方法ではできません。代わりに公式は配布しているインストールメディア作成ツールを使用します。

必要なもの

  • USBメモリ(32GB以上)
  • Laptop 1
  • データをバックアップするためのストレージ(データがすべて消えるのでバックアップします)
  • 外付けキーボード、マウス

タイムライン

タイムライン
  • 必要なデータをバックアップする
  • インストールメディアを作成する
  • win11をインストールする
  • ドライバーを入れる
  • 完成!

手順

必要なデータをバックアップする

今回はwin10をアップグレードするのではなく、win10を削除して真っ新にしてからwin11をインストールします。なのでデータがすべて消えます。残しておきたい写真や音楽があれば、外付けHDDなどにコピーしておきましょう。

注意:バックアップ用HDD(USBやSSDでもOK)とインストールメディア作成用USBは別で用意してください。

インストールメディアを作成する

ツールは公式HPからDLできます。アクセスしたら、3つ項目がある中の真ん中にある「Windows 11 のインストール メディアを作成する」の今すぐダウンロードをクリックします。

DLしたツールを実行して、ウィンドウの手順に従って作成します。

この時に、メディアを作成するUSB(中身は空っぽにしておいてください)を接続します。

やり方は、規約に同意して使用するUSBを選択して待つだけです。win10のツールと同じです。

インストール

まず電源を切ってインストールの準備をします。(このあとデータを削除するので、何か思い残したことがないか今一度確認することをお勧めします。)

電源を切ったら、先ほど作成したUSBを接続します。

次に、起動順位を変更するためにUEFIを起動します。↓やり方

  1. Surface をシャットダウンして、完全に電源が切れてから10秒以上待ちます。
  2. Surface の音量を上げるボタンを長押しして、同時に電源ボタンを押して話します。
  3. ロゴが表示されたら、音量を上げるボタンを長押しします。UEFIが表示されたらボタンを離してOKです。

このような画面が表示されたら起動成功です。Windows10が起動してしまった場合はキー入力のミスなので再度お試しください。

Boot configration を選択して、ドラッグアンドドロップでUSBを一番上に移動させます。

その後、Exitを選択して保存して終了(又は再起動)を選択します。PCを起動してWindows11のインストール画面が表示されたら成功です。

インストール

インストール画面はwin10の時から変わっていないので詳細は省きます。

カスタムインストールを選択後、パーティションは全削除します。win10のデータをそのまま使うことはできません。

初期設定

インストール成功後は自動的に再起動します。初期設定画面が表示されるまで待ちます。

画面が表示された後はUSBを抜いても問題ありません。

初期設定は書いてある通りに進めれば問題ないです。

キーボードが反応しない方へ

多分ほとんどの方がキーボードが使えない状態だと思います。その場合は外部キーボードを使って設定することができます。

初期設定完了後に自動でインストールされるドライバーが適応され次第、キーボード(と顔認証とタッチパネル)が使用可能になります。

設定完了後は大量のWindows update で複数回再起動しないといけないので、しばし様子をみましょう。

これにてインストール完了です。お疲れさまでした。

最後に

よくわからない点があればコメントまたはTwitterのDMで質問を受け付けています。

ここまで見ていただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました